ゲーミフィケーション×○○=最高に楽しい人生

 

みなさんはゲーム好きですか?

ゲームにはまった経験はありますか?

 

私の子どもの頃の家庭環境は、あまりゲームを推進しておらず、外遊びばかりして育ってきました。ですが、私が小学校高学年ぐらいに、兄がクリスマスプレゼントに「プレーステーション」をもらい、兄弟そろって「クラッシュバンディクー」というゲームにはまりあげました。

 

ゲームのあらすじを簡単に説明すると、

「クラッシュという2足歩行をするオレンジ色のイケイケな犬みたいなキャラクターが、悪いやつが世界征服をするのを阻止するために、ダイヤを集めて、を倒していく。」

結構スケール大きいですよね(笑)

 

そして、何より楽しいのはダイヤを集めるために、スタートからゴールまでにあるりんごをとって自分の命を増やしたり敵を踏んづけたりスピンしたりして倒したり、箱を壊して無敵状態になったり、とにかくアクションがめっちゃ楽しくて映像も最高なマリオみたいな感じでした。

とにかく面白い!!全クリしたい!!ダイヤ全部そろえたい!!

そんな気持ちにさせられて、夢中でやってました。

 

こんな感じで、ゲームには人を「もっとやりたい」、「もっと上手になりたい」、「もっと難しいステージをクリアしたい」という人のモチベーションを上げて維持していく仕組みがたくさんあります。

 

 

 

そこで、出てくるのが「ゲーミフィケーション」という考え方。

ゲーミフィケーション」という言葉をご存じでしょうか。

ゲーミフィケーションとは、「ゲームの要素を、ゲーム以外の領域で活用していくこと」です。

 

つまり、日常でよくあるやる意味が分からない退屈な仕事

やらなきゃいけないけどやる気になれないこと

やりたい気持ちはあるけど続けられないこと

超面白い!はまる!!」ってゲームみたいにできるようになるんです!!!

 

 

これ、めっちゃすごくないですか???

私はこの「ゲーミフィケーション」という考え方にすごい可能性を感じてます。

なぜなら、目標達成のためのモチベーションと行動の維持ができるようになったら、

世界中の誰でも、自分の夢や願望、目指すものを手に入れられるってことですよ!!!しかも楽しみながら!!!!

 

 

ただし、注意してほしいのが「ゲーミフィケーション」という考え方は、ゲームではない別のものをゲームにする」ということが目的だということです。

マリオみたいな楽しい「ゲームそのものを作る」のが目的ではありません。それは、任天堂さんの仕事であり、たくさんの技術と人々の協力があってできるものです。作ろうとしたところで、ゲームのプログラミングも分からない素人には全然楽しくありません。むしろ、苦痛です。(笑)

 

 

私は、現在、生活の中に「ゲーミフィケーション」の考えを組み込んで、毎日過ごしています。

組み込む前と後では、断然組み込んだ後の生活の方が楽しいし充実しています。

それでは、「ゲーミフィケーション」を生活に取り込む方法をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

まず、「ゲーミフィケーション」には3つの大事な要素があります。

この3つさえそろえば、とりあえずどんなことでも「ゲーム化」することができます。

 

 

 

 

「ゲーミフィケーション」の3大要素

  1. ゴール
  2. ルール
  3. フィードバック

 

そもそもゲームというものは、「目指すべきゴールに向かって、一定ルールに従いなから、行動し、その行動の良し悪しをフィードバックされて、またゴール目指して行動する」という繰り返しなんです。

 

マリオなら、ピーチ姫を助けるためにゴール)、敵に当たったり溝に落ちたりして死ぬことなく城の旗まで行ってステージをクリアしていく(ルール)。その途中に「巨大化キノコ」や「無敵スター」などのアイテムを使うとゲームが簡単にクリアできるようになったり、すべての箱を壊したりクリアにかかった時間が速かったりすると「スコア」が高くなったりする。もちろん死んだら「ゲームオーバー」画面がでてやり直しさせられる。(フィードバック

 

どのゲームにも

  1. ゴール
  2. ルール
  3. フィードバック

があり、その3大要素をどれだけ上手く設定するかゲームの面白さは決まります。しかもゲームエンジニアさんたちが作ってくれたゲームは、その3大要素を全自動で提供してくれます。プレイヤーはゲームを進めるためにボタンを押しているだけで、楽しめます。

ただ、実生活ではその3大要素自分で設定する必要があります。

自分自身がゲームエンジニアであり、ゲームのプレーヤーの2役をやるんです。

 

 

 

たとえば、「皿洗い」に「ゲーミフィケーション」の3大要素を組み込むと、

  1. ゴール(目の前にある汚れている食器を全て洗って、かごへ納める)
  2. ルール(例:タイマーで5分間という時間設定する。洗剤は最初の1回だけ使える。使う水の量をなるべく少なくする。かごへ納めるときはより見た目を美しく納める。など)
  3. フィードバック(皿を洗い終わった後にルール通りできたか振り返りして、できてたら自分にご褒美のお菓子をあげる。)

 

こんな感じです。ルールが多ければ多いほど、ゴール達成までの難易度が上がりますし、やり方を工夫しようと試行錯誤します。フィードバックのご褒美は自分に合ったものを決めればいいです。というか、ぶっちゃけなくても楽しめます(笑)なぜなら、振り返ること自体自分へのご褒美になります。振り返ることで、自分のレベルが上がっていくのが分かって楽しくなります。

私はノートにゲーム化したいことをPDCAサイクルの形式に合わせてどんどん書いていって、自分へフィードバックしています。

が(ゴールとルールDCが(行動の結果とフィードバック)でAが(次に向けたフィードバック)です。

これ書くだけで、「自分成長してるな~」って気になります!

 

  • 「ゲーミフィケーション」×「家事」
  • 「ゲーミフィケーション」×「仕事」
  • 「ゲーミフィケーション」×「受験勉強」
  • 「ゲーミフィケーション」×「育児」
  • 「ゲーミフィケーション」×「恋人探し」
  • 「ゲーミフィケーション」×etc…

 

もう、なんにでも「ゲーミフィケーション」当てはめてゲーム化しちゃいましょう!

それだけで人生に「楽しい」気持ちと「やる気」が戻って出てきますよ!

 

 

 

そして、ここからは

ゲームにすればうまくいく《ゲーミフィケーション》9つのフレームワーク/深田 浩嗣/NHK出版

で書かれている「ゲーミフィケーション」の9つの要素「g-デザインブロック」について紹介します。

この本、私が知りたい「ゲーミフィケーション」のしくみがズバズバ書かれていて、まさに目から鱗でした。超おすすめです!!!

 

先ほど紹介した「ゲーミフィケーション」の3大要素はあくまでも、「ゲーム化」するために最低限必要なものです。これから紹介する9つの要素「g-デザインブロック」「ゲーム」をより楽しく・よりやり込みたくなるモチベーションと行動の維持に必要なものです。

 

「ゲーミフィケーション」の9つの要素「g-デザインブロック」

  1. 可視化
  2. 目標
  3. オンボーディング
  4. 世界観
  5. ソーシャル
  6. ゴール
  7. チューニング
  8. 上級者向け
  9. おもてなし

 

これだけ書かれても意味わかんないですよね。

ただ、1つ1つしっかり役割を説明したいので、別記事で詳しく紹介します。

(ここまで書くので、疲れちゃいましたw)

 

とにかく、この「ゲーミフィケーション」という方法論はすごいんです!!!

 

自分の人生が超楽しいゲームに変わったらわくわくしませんか??

私はわくわくが止まりません!!!!

誰かわくわくを共有する仲間が欲しいです!!!!

 

 

 

毎日をゲームをするように、本気で前のめりで楽しく生きていく。

気づいたらなりたい自分になってる。

 

最高だね。

 

 

 

 

 

 

 

 


広島初!セクシュアルマイノリティ」に関する悩みを抱えている子どもたちのためのサポートスペース誕生!

ここいろhiroshima」は、「こころとからだもいろいろ。彩り豊かでええじゃん!」をモットーに、セクシュアルマイノリティ特有の「心と体」・「自分の性」について「生きづらさ」を感じている子どもたちとその保護者のためのサポート・コミュニティスペースを提供します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です