本気で向き合うってことは、自分をまるごと差し出すこと

 

今日、先輩の先生からある記事を紹介されて読んでみた。

井村雅代さん(シンクロナイズドスイミングの日本ヘッドコーチ)のインタビュー記事

『本気で向き合えば可能性は開ける』

 

 

この記事から「あこがれ力」や「人が成長すること」、「教師の役割」ということについてヒントをもらった。

 

 

 

 

人が今までできなかったことを、できるようになりたいと思ったとき、

自分の才能を開花させたい、他者の才能を開花させたい、と思ったとき、

必要になるのが「本気で向き合うこと」だと井村さんは言う。

 

 

ただ、「本気で向き合う」って言われても、何をもってそれができているのか判断しづらい。

 

私が思うに、何かに対して本気で向き合っている人

その対象に向かって、自分自身が持っている様々なリソース(時間・お金・能力・労力など)をまるごと差し出している人だと思う。

「自分が疲れちゃうのは嫌」とか

「周りの人から引かれて嫌われるのは嫌」とか

「上手くできるか自信ない」とか

「失敗したら恥かしい」とか

「自分のやり方変えたくない」とか

そんな自己保身なんて考えず、目的達成のために出し惜しみしない人。

 

 

そんな人からは「情熱」や「没頭」のエネルギーからくる「独特のオーラ」が出ている。

そのオーラに触れることこそ「あこがれ力」の1番の源であろう。

ただし、ただの「熱血漢」ではなくて、その人のいうやり方をすると成果もついてくるという「圧倒的な実力」があるのが前提だろう。

口だけ野郎の熱い言葉は人に見破ぶられる。自己保身に走ったらすぐに言葉のメッキがはがれるからだ。

その人の言葉に真実味裏づけされた知恵を感じられるからこそ、人の心に響く

 

 

 

その人のそばにいると、なぜだか自分の中からエネルギーが湧いてくる。

その人を見ているだけで、なぜだかこっちまでわくわくしてくる。

その人の行動の1つ1つにきちんと一本の筋が通っているのが伝わってくる。

「この人そばにもっといたい」「この人からもっと学びたい」と思わせる人が周りの人の「あこがれ力」を高めていくのだろう。

 

 

そんな先生になりたいと思った今日この頃。

 

 

 


広島初!セクシュアルマイノリティ」に関する悩みを抱えている子どもたちのためのサポートスペース誕生!

ここいろhiroshima」は、「こころとからだもいろいろ。彩り豊かでええじゃん!」をモットーに、セクシュアルマイノリティ特有の「心と体」・「自分の性」について「生きづらさ」を感じている子どもたちとその保護者のためのサポート・コミュニティスペースを提供します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です